しみ解消にはハイドロキノンならどれでも良いわけではない!

しみ解消にはハイドロキノンが良いと聞いたことがあると思います。

ハイドロキノンはシミを消す成分として有効と認められ、美容クリニックなどでも使われています。 以前は化粧品にハイドロキノンを配合することは認められていませんでしたが、現在では認められハイドロキノン入のコスメも増えてきました。

しかし実は、ハイドロキノンは肌に浸透しにくい性質があり、そのままではダメなのです。 つまり、しみ解消にはハイドロキノンならどれでも良いわけではないのです。

そこでおすすめなのがビーグレンです。 ビーグレンは独自の浸透テクノロジーでハイドロキノンを肌に浸透させるコスメです。 ビーグレンの浸透テクノロジーは、国際特許を取得している優れものです。

QuSomホワイトトライアルセットは、化粧水でまず肌を潤し、次に美容液でトラブルをブロックし、刺激を軽減させ、浸透性を高めた独自成分のHQ配合のクリームで肌を輝かせるというステップを踏みます。これらをあわせて使うことにより、それぞれの特性を発揮させるというビーグレン独自のホワイトアクティベーションシステムになっています。最後は保湿クリームがみずみずしさをしっかり閉じ込め、透明感のある明るい肌へと導いてくれます。

これまでのハイドロキノンの課題を国際特許取得の浸透テクノロジーのQuSomで解決することにより、しみを解消するだけでなく、いつまでも輝き続ける肌づくりをサポートしてくれるのです。

ハイドロキノンは刺激が強い?

ハイドロキノンは刺激が強い成分です。そのため、肌の弱い方が使うと効果があまり感じられなことがあります。肌が弱いと、なぜ美白効果が感じにくいことがあるのでしょうか?それについて説明しますね。

しみの原因はメラニンです。肌に紫外線や外部刺激が影響することでメラニンが生成されます。肌の弱い方がハイドロキノンなど刺激の強い成分を使うと、炎症を起こしメラニンが生成されます。そのため、美白を感じられないことがあるのです。

このような理由で、美白コスメを選ぶときには、美白成分だけでなく肌質も考慮するのが良いです。 肌質を考慮したしみ消す方法が重要です。

肌が弱いと言うと、敏感肌をイメージするかもしれません。敏感肌だけでなく、乾燥肌の方も刺激の強い美白成分を使うときには注意した方が良いでしょう。敏感肌も乾燥肌も健康な肌に比べて、刺激を感じやすいのです。

美白コスメはどう選ぶ?

シミを消すには幾つか方法があります。クリニックでのレーザー治療、美白用の化粧品などがあります。 レーザー治療を受けるには敷居が高いですが、化粧品ならどなたでも試しやすいと思います。

ここ何年かで美白化粧品も進化してきました。

1つはハイドロキノンを配合してたものが登場したこと。ハイドロキノンはメラニンを漂白し、シミを消すことが認められ、美容クリニックなどでも使われています。

もう1つは、敏感肌や乾燥肌でも使える美白コスメが登場したことです。敏感肌や乾燥肌の方は、美白コスメを使っても効果を感じにくいといわれていました。その原因に対処したものが登場したのです。

どんなシミを消す化粧品が良いのかは、自分の肌質も考慮して選ぶと良いと思います。 もし自分の肌に合わないものを使うと、効果を感じにくいので、肌質は重要です。

自分の肌にあった美白化粧品を使う

美白のためには、自分の肌にあった美白化粧品を使うことも大切です。肌に合わないものを使っていると、美白の効果が現れにくいからです。

肌に紫外線があたると、シミの原因であるメラニンが作られます。しかし、メラニンが作られる原因は紫外線だけではありません。実は、外部刺激によってもメラニンが作られます。自分の肌にあわないものを使うと、肌が炎症を起こし、それが原因でメラニンが生成されることもあるのです。

ですから、自分の肌にあった美白美容液を使うのがおすすめです。

自分の肌にあったものと言っても、それを見つけ出すまでが大変かもしれません。肌のタイプは人それぞれです。まずは、トライアルセットなどでパッチテストをしてみましょう。

効果のある美白化粧品

美白化粧品の効果には2つの種類があります。それはシミを予防する効果とシミを消す効果です。

市販されている美白化粧品の多くはシミを予防するのがメインです。そもそも、シミを消す成分が配合されていません。

シミを消す効果のある成分を配合しているものでも、直接シミを薄くするものと、ターンオーバーを促進してメラニンを排出するものがあります。

ターンオーバーを促進してメラニンを排出するものは効果を感じるまでに時間がかかります。直接シミを薄くするものには、ハイドロキノンなどのシミを薄くする成分が配合されているもがあります。

このようにいくつかの種類があるので、自分の目的に合ったものを使うようにしましょう。